聖路加国際病院の医師逮捕 危険ドラッグ所持疑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警視庁組織犯罪対策5課と関東信越厚生局麻薬取締部は8日までに、医薬品医療機器法違反の疑いで、聖路加国際病院(東京都中央区)の眼科医越前成旭容疑者(41)を逮捕した。逮捕は5日付。組対5課は越前容疑者の認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は9月初旬、都内の自宅で危険ドラッグ若干量を所持した疑い。組対5課によると、越前容疑者は自分で使うためにインターネットで購入したとみられる。

 聖路加国際病院広報室によると、越前容疑者は2002年4月から勤務していた。「事実関係を確認中」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事