障害者水増し、原因究明へ初会合 第三者の検証委員会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 障害者雇用が水増しされていた問題の原因究明のため開かれた、第三者による検証委員会の初会合=11日午前、厚労省

 中央省庁で障害者雇用が水増しされていた問題の原因を究明するため、弁護士らで構成される第三者の検証委員会が11日、厚生労働省内で初会合を開いた。関係府省庁の連絡会議の下に設置され、検証結果を基に連絡会議が10月中に再発防止策をまとめる。

 検証委員会は5人で、委員長は弁護士で元福岡高検検事長の松井巌氏が務める。メンバーはほかに、前東京弁護士会会長の渕上玲子氏、元総務省行政評価局長の福井良次氏ら。不正算入がいつから始まったのかや、故意によるものか単純なミスなのかなどを調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事