調布飛行場、事故から3年 自家用機の飛行自粛を解除へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2015年7月、東京都調布市の住宅に墜落し、大破した小型プロペラ機

 東京都は11日、調布飛行場を離陸した自家用機が住宅街に墜落した2015年7月の事故を受けて実施していた同飛行場での自家用機の飛行自粛要請を、13日に解除すると発表した。

 都は事故後、地元住民への配慮などから、自家用機の離着陸を実質的に制限してきた。機長の出発前の機体点検や、飛行目的の確認の徹底といった再発防止策を整備したとして自粛要請を解除することにした。離島などへの定期便は通常運航されている。

 運輸安全委員会は17年7月、重量オーバーや低速での離陸が事故原因となった可能性があるとの調査報告書を公表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事