山陽新幹線内で発煙、電池出火か 兵庫県で緊急停車
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 兵庫県の姫路市消防本部によると11日午後3時20分ごろ、東京発博多行き山陽新幹線のぞみ31号の車内で「充電器から発煙した」と119番があった。JR西日本によると、新幹線は緊急停車。県警や消防本部によると、乗客のかばんにあった携帯電話のバッテリーが出火した可能性がある。30代の女性が脚にやけどを負って病院に搬送された。

 JR西によると、のぞみ31号は走行中に1号車で非常ボタンが押されたため、午後3時5分ごろ西明石(兵庫県明石市)―姫路(同県姫路市)間で緊急停車。その後、姫路駅まで走らせ、同駅で午後3時25分ごろに運転を打ち切った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事