不妊手術申告を促す通知検討 弁護団、全国の高齢障害者に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧優生保護法(1948~96年)下の障害者らへの不妊手術問題で、全国被害弁護団が、国内の高齢障害者に通知を出し、手術を施された事実があれば申し出るよう促す案を検討していることが11日、分かった。手術を施されたのは約2万5千人とされるが、9割弱は裏付けとなる個人名記載の記録が現存せず、謝罪や補償に向け当事者を特定する狙いがある。通知の対象は漏れを防ぐためできるだけ広く取り、数十万人規模になる可能性もある。

 弁護団関係者によると、早ければ12日に仙台市内で開かれる全国弁護団会議で素案をまとめる見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事