帝王切開後死亡で賠償命令、宮崎 病院側に1億3千万円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宮崎市の産婦人科医院で2012年、帝王切開手術で男児を出産した女性=当時(35)=が、容体が急変して死亡したのは、医療ミスが原因だとして、遺族らが計約1億6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、宮崎地裁は12日、病院側に約1億3千万円の支払いを命じた。

 判決で五十嵐章裕裁判長は、女性は術後、左脚に腫れの症状が確認され、医師は産科ガイドラインや文献から、血栓症の可能性を認識できたと指摘。だが必要な治療をせず、転院などの措置も怠ったとし、病院側の注意義務違反を認定した。

 その上で「転院していれば、救命できた可能性が高かった」として、死亡との因果関係も認めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事