別の収賄疑い職員再逮捕へ、大分 現金数十万円、受け取りか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ジオパークに絡む大分県の業務を受注できるよう便宜を図った見返りに現金数十万円を業者から受け取ったとして、県警は18日、収賄の疑いで県生活環境部自然保護推進室の主査恒賀健太郎容疑者(41)を近く再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。 

 捜査関係者によると、恒賀容疑者は「賄賂として受け取った」などと供述。県警は実質的に業者を選定できる立場を利用し、繰り返し賄賂を受け取っていたとみて全容解明を進める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事