上毛かるたで絹文化巡り 高崎・日本絹の里
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上毛かるたと絹をテーマにした特別展「上毛かるたでめぐる絹文化」が来年2月4日まで、高崎市金古町の群馬県立日本絹の里で開かれている=写真

 「繭と生糸は日本一」「日本で最初の富岡製糸」など、絹に関連した絵札は9枚ある。会場には絹で織られた華やかな桐生織や伊勢崎銘仙の着物、錦絵などが展示されている。火曜休館。問い合わせは同館(電話027-360-6300)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事