朔太郎立体展示のムットーニさん 制作の裏話、独自解釈
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講演するムットーニさん

 前橋市出身の詩人、萩原朔太郎(1886~1942年)と作家、芥川龍之介(1892~1927年)の言葉の解釈に焦点を当てた前橋文学館の特別企画展「この二人はあやしい」に合わせた講演会が24日、同館で開かれた。

 朔太郎の「殺人事件」を題材にした音と光と人形による立体展示「ボックス・シアター」の作者、ムットーニさん(本名・武藤政彦さん)が講演。制作の裏話や詩の独自解釈に来場者86人が耳を傾けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事