道具と写真で見る川や沼での伝統漁法 伊勢崎・赤堀で企画展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 企画展「伊勢崎の漁撈ぎょろう」が1月27日まで、群馬県の伊勢崎市赤堀歴史民俗資料館で開かれている。漁の道具や写真を展示し、市内の川や沼でどのような伝統漁法が行われていたかを紹介している=写真

 境地区で漁師をしていた市民から寄贈された網や、びくなど63点を中心に展示。明治から大正にかけて活躍した漁船や、コイの養殖が盛んだった波志江沼、1950年ごろに行われた伊与久沼のい掘りの写真も並ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事