新年祝い超ビッグ 3高校書道部がスマーク伊勢崎でパフォーマンス
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 高校の書道部員による「スクール書道パフォーマンス」が3日、群馬県伊勢崎市のスマーク伊勢崎で行われた。多くの買い物客が見守る中、伊勢崎商業、伊勢崎清明、本庄第一(埼玉県)の3校の生徒が新年を祝う言葉や卒業する先輩へ贈るメッセージを力強い書で披露した。

 伊勢崎商業は3年生の先輩に向けて、「明るい未来が待っている」という思いを表現。1、2年生14人が縦3メートル、横5メートルの紙いっぱいに筆を走らせた=写真。大筆で「疾風」と書いた部長の渡辺真穂さん(2年)は「普通の筆と違い、墨を切るのが大変だった。かすれも大事にしながら書いた」と振り返った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事