さっぱり温か七草がゆ 息災願う滋味 桐生・崇禅寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市川内町の崇禅寺(岩田真哉しんさい住職)は7日、恒例の「七草がゆ会」を開き、作りたてのかゆを振る舞った。早朝から訪れた約500人の参拝者らは、温かい七草がゆを頬張り、無病息災を祈った=写真

 岩田住職の読経に続き、檀家だんかでつくる護持会の園田一雄会長が古くから伝わる詩を唱えながら地元で採れたセリやナズナなどを包丁で刻み、鍋に入れた。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事