火を囲み楽しもう 高崎西小学区で1000人がどんど焼き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の高崎西小学校区のどんど焼き(教育振興会主催)が12日、高崎市の同校校庭で開かれた。地域住民や児童ら約1000人が訪れ、一年の無病息災を祈った=写真

 住民や児童の手で前日に高さ約5メートルのやぐらが2棟組まれた。小屋に点火されると、子どもたちは炎に見入り、団子やスルメイカなどを焼いた。甘酒やおでんなども振る舞われ、参加者は体を温めながら交流した。同校区のどんど焼きは約40年間続いているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事