福俵投げ幸せ願う 中之条で小正月の伝統行事「おんべーや」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県中之条町入山の引沼地区に伝わる小正月の伝統行事「おんべーや」が15日、同地区で行われた。「おんべ」と呼ばれる大小二つのやぐらを燃やし、七福神にふんした住民が威勢良く福俵を投げて一年の幸せを願った=写真

 やぐらが燃え火の粉が夜空に舞い上がると、七福神役の住民が福俵を投げて盛り上げた。行事はどんど焼きの一種で、無病息災や家内安全、五穀豊穣ほうじょうの御利益があるとされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事