収穫や天候 筒粥で占う 前橋・総社神社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 古くから伝わる筒粥置炭(つつがゆおきずみ)の神事が15日、前橋市の総社神社(根岸義貴宮司)で行われ、今年の農作物の作況や天候を占った=写真

 筒粥は、米粉のかゆを煮込んだ鍋にヨシの束を二つ入れ、かゆの染み込んだ量で、春と秋の農作物の出来、不出来を占う。置炭は、火に入れた炭が冷める際の色の変化によって毎月の雨量など天候を占う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事