室町期・土佐光信作か 「古今和歌集」写本 見返絵を公開 県立文学館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県立土屋文明記念文学館が特別公開する「古今和歌集」写本の表見返絵
県立土屋文明記念文学館が特別公開する「古今和歌集」写本の裏見返絵

 群馬県立土屋文明記念文学館(高崎市)は23日から、同館所蔵の「古今和歌集」写本(伝・東常縁筆)に装丁された見返絵(みかえしえ)「西湖放鶴図(せいこほうかくず)」を特別公開する。室町時代の土佐派を代表する絵師、土佐光信が描いた可能性が指摘されており、やまと絵師が中国的な主題も扱うようになったことを示す貴重な作例。27日には、見返絵の価値を見いだした東京大大学院准教授の高岸輝(あきら)さんによる記念講座を行う。

 同館によると、写本の見返し部分に絵があしらわれた例は極めて珍しい。多数の折れしわの入り方などから、江戸時代ごろに「古今和歌集」写本を改装した際、元は他の絵巻の見返し装飾だったものが取り合わされたと考えられるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事