大名家の格式 今に 3月3日まで館林 「秋元家の雛人形」展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の館林市第一資料館の収蔵資料展「秋元家のひな人形」が3月3日まで、同館で開かれている。館林藩最後の藩主、秋元家に伝わる細やかな装飾の人形や家紋入りの調度品など約60点が並ぶ=写真

 ひな人形は大正時代の著名な人形師、大木平蔵が制作。内裏びなのほか、三人官女、五人ばやしなど計15体を展示している。午前9時~午後5時。月曜(11日は開館)と12、28日休み。3月3日午前11時から展示説明会を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事