般若心経 文字で仏画 涅槃会前にみなかみ・仏心寺が一般公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 釈迦しゃかの命日とされる2月15日に行う法要「涅槃会ねはんえ」を前に、群馬県みなかみ町の仏心寺は10日、般若心経の文字だけで巧みに描いた普賢菩薩ふげんぼさつと涅槃図の仏画を同寺で一般公開した。

 仏画は、永井一灯住職(71)の父で書道家、故・一路(本名・市郎)さんの作品。昨年初めて涅槃図を公開したところ反響が大きく、今年は普賢菩薩も展示した=写真。両作品とも線や背景まで文字で表現しており、訪れた人は感心しながら見入っていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事