足をそろえて麦踏み大会 玉村 二人三脚やリレーで楽しむ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県玉村町で盛んな麦の栽培に関心を持ってもらおうと、同町上新田の麦畑で17日、「麦踏み合戦」が開かれた。参加者約60人が農作業体験を楽しみ、交流した=写真

 リレー形式の「二人三脚」「手押しローラー」「ドラム缶」の3部門で行われた。参加者は赤城、榛名、妙義の各団に別れて茎が伸びる前の麦を踏み、速さや正確さを競った。競技後は、地元の食材を使ったおきりこみが振る舞われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事