「春駒日記」27年ぶり再演 利根沼田でアマ劇団「繭」が来月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の利根沼田地域のアマチュア劇団「繭」(倉沢新平代表)が3月の公演に向け、27年ぶりに再演する創作劇「春駒日記」の練習に熱を入れている=写真

 春駒は正月から春にかけて養蚕の繁栄を祈り、各家庭の前で歌や踊りを披露した伝統行事。24日は昭和村内の練習場に集まり、終盤のシーンのせりふを確認するなどした。「春駒日記」では、昭和初期に地域で生きた春駒の一家を描いている。3月24日に沼田市の利根沼田文化会館で上演する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事