稜線トレイル テントで安全 県庁で登山者講習会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ツェルトの張り方のポイントを説明する東さん(中央)

 群馬県などは10日、本県と長野、新潟県境の稜線を結ぶ「ぐんま県境稜線りょうせんトレイル」を安全に楽しんでもらおうと、県庁県民ホールで登山者向けの安全登山講習会を開いた。

 「Mt.石井スポーツ登山学校」の東秀訓事務局長が非常時に役立つ簡易テント「ツェルト」の使い方や張り方を実演。同行者が低体温症になるなど緊急の場合、複数人でツェルトをかぶれば体温を保持できるとし「調子が悪くなった人を、いかに素早くケアできるかが重要」と訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事