春告げる恒例のヨシ焼き 多々良沼 22.5ヘクタールで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 春の風物詩として親しまれるヨシ焼きが13日、群馬県の館林市と邑楽町にまたがる多々良沼で行われた。炎がパチパチと音を立てながらヨシ原に燃え広がり、写真愛好家らが熱心に撮影した=写真

 多々良沼自然公園を愛する会が毎年実施。延焼を防ぎヨシ原に自生するヤナギを守るため、事前にヨシ刈りを行った。この日は会員69人が参加し、午前9時から4カ所に点火して約22.5ヘクタールを焼いた。

 板倉町と栃木、埼玉、茨城各県にまたがる渡良瀬遊水地のヨシ焼きは16日に行う。火入れは午前8時半。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事