パラリンピック競技の魅力体験 伊勢崎でメダリストが指導
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
伴走の注意点を説明しながら走る高橋さん(左)

 パラリンピックメダリストを講師に迎えた「ユニバーサルスポーツフェスタin伊勢崎」(群馬県など主催)が21日、伊勢崎市第二市民体育館で開かれた。参加者約30人が、伴走とゴールボールを体験し、障害者スポーツの魅力を味わった。

 伴走体験では、2004年アテネパラリンピックのマラソン男子視覚障害で金メダルに輝いた高橋勇市さん(53)=東京都=が講師を務め、「方向転換する時は余裕を持って声を掛けて」などと注意点を説明した。参加した矢嶋瑞恵さん(50)=富岡市七日市=は「距離感がつかめない相手にどう指示を出すか、勉強になった」と充実した表情だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事