「大切な思い伝えて」 映画「青の帰り道」原案の岡本さん あいさつ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 映画「青の帰り道」の原案を作った元タレントの岡本麻里さん(29)=群馬県藤岡市出身=が24日、同作上映中の前橋シネマハウス(前橋市千代田町)で舞台あいさつした。「映画を通じ、生きる道は一つではないと感じてほしい。誰かの人生のプラスになればいい」と思いを語った。

 作品は7人の若者の葛藤や挫折、成長を描いた青春群像劇で、前橋市内などで撮影した。岡本さんは23歳の時、友人の死をきっかけに原案を考えた。16歳で芸能界デビューし、自身も生きづらさを感じることがあったといい、「死んでしまった友人にはもう伝えられない。大切な思いは今すぐに伝えてほしい」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事