ご神体清め豊作願う 上野村で「お川瀬下げ神事」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 神社の祭神を川で清める群馬県上野村の伝統行事「お川瀬下げ神事」が5日、同村の乙父おっち神社で開かれた。村の若者8人がご神体を移したみこしを担いで川に入り、石の台座に祭って無病息災や五穀豊穣ほうじょうを願った=写真

 おはやしが響く中、若者たちはご神体に息がかからぬよう半紙をくわえながら山の中腹の神社から川までみこしを担いだ。川に入って台座を3周し、みこしを台座に据えた後、神職が祝詞を奏上した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事