「ごみゼロの町」目指そう 玉村の商工会まつりでリユース市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の玉村町商工会(原竹雄会長)主催の第14回春まつりが7日、町社会体育館で開かれた。サクラが見頃を迎える中、多くの地域住民が模擬店での買い物やゲーム、催しなどを楽しんだ。

 玉村中吹奏楽部や和太鼓の演奏=写真=のほか、フラダンスが披露された。まつりは町民に環境問題について考えてもらおうと「ごみゼロ!」がテーマ。住民は各自が用意したマイ箸やおわんで、振る舞われたすいとんを食べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事