ブラックホール分かりやすく 高崎市少年科学館 ポスター、写真展示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
解説ポスターに見入る来場者

 世界で初めてブラックホールの輪郭撮影に成功したと日本などの国際チームが発表したことに合わせ、群馬県高崎市少年科学館(同市末広町)は12日、ブラックホールについて分かりやすくまとめたポスターや写真などの展示を始めた。

 今回撮影されたのは、春の星座の一つ、おとめ座のM87銀河団にある巨大なブラックホール。同館のプラネタリウムでは春の星座の解説を含む番組を上映しており、同館天文課の岸篤宏さんは「ポスターやプラネタリウムの番組を見れば、『ブラックホールはあの辺りにある』と身近に感じてもらえる」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事