外国人がこんにゃく手作り体験 下仁田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 クウェートとサウジアラビアから訪れている観光客20人が17日、群馬県下仁田町のこんにゃく手作り体験道場を訪れた。一行は初めて見るこんにゃくに興味津々で体験を楽しんだ=写真

 こんにゃく粉と水、凝固剤を入れて手で練り、容器に入れて固めた。ゆでた後、しょうゆを付けて初めての味を楽しんだ。クウェートから来たタス・ニームさん(40)は「カロリーゼロなのはいい。食感がゆで卵の白身に似ている」と笑顔。町内でコンニャク原料を製造販売する神戸万吉商店の神戸隆介代表(38)が栄養素について紹介した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事