気分はギタリスト 渋川「1000人ロック」へ小学生が練習
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 音楽イベント「1000人ROCK FES.GUNMA」(6月1日、渋川市・伊香保グリーン牧場)に向け、群馬県渋川市内の小学生18人がエレキギターの練習に励んでいる=写真。本番では1000人編成の巨大バンドを組み、ギタリストの一員として演奏を披露する。

 4月から毎週1回、同市の中央公民館でTHE BLUE HEARTSの「終わらない歌」を練習。24日は2本の弦を押さえて音を出す「パワーコード」の技法を使い、通しの演奏に挑戦した。

 講師で、ギター教室を営む照屋慎裕さん(40)=同市=は「小さいうちから楽器に触れて音楽の楽しさを学んでもらい、再びバンドブームに火がつけば」と話す。渋川豊秋小6年の竹田彩花さんは「ギターに触るのは初めて。難しいけど、うまくなってきた」とほほ笑んだ。

 地元の児童を対象にしたギターのレッスンは今年初の取り組み。柄沢純一郎実行委員長(36)は「1000人で演奏する魅力を子どもに伝え、地元に密着したイベントにしたい」と力を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事