高崎長野郷の吉田さん 中学1部制す 県小中学生百人一首かるた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
素早く札に手を伸ばす子どもたち

 第20回群馬県小中学生百人一首かるた大会(県かるた協会主催)が5日、太田市生品公民館で開かれた。小学1年から中学3年までの60人が熱戦を繰り広げた。有段者の中学1部は吉田真優さん(高崎長野郷3年)が制した。

 大会は中学1部、有段者以外の同2部、小学高・中・低学年の5部門で実施。それぞれ3試合を行い、勝ち星の数や得点で順位を決めた。県かるた協会の高橋茂信会長(75)は「礼儀を重んじながら、一生懸命頑張ってほしい」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事