子どもの名前「銘切」 刀匠がプレゼント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 刀に名前などを刻む仕上げの工程「銘切めいきり」の実演が、太田市立大隅俊平美術館で行われた=写真

 大隅さんの弟子の刀匠、本田正紀さん(45)=埼玉県東秩父村=が、金づちで「たがね」と呼ばれる小さなのみをたたき、自らの刀匠名を短刀の柄に入れる作業を披露した。本田さんは、縦4センチ、横1・5センチの真ちゅうのプレートに、訪れた中学生以下の子ども21人の名前を一人ずつ目の前で刻んでプレゼントした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事