麻や綿で夏向け洋服100点 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 麻や綿を使った夏向けの洋服の展示が14日、群馬県桐生市新里町大久保のギャラリー風土記で始まった。白や水色を基調にした涼しげな約100点を紹介する=写真。23日まで。

 みどり市の作家、近藤登喜子さんが出展した。麻100%のワンピースやスカート、綿100%のブラウスなどが並ぶ。ターバンやパッチワークのバッグもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事