石垣 歴史の感触 沼田とみなかみで上州真田三名城ウオーキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沼田城跡にある石垣に触れながらウオーキングを楽しむ参加者=沼田市

 「上州真田三名城ウオーキング2019」(上毛新聞社主催)が18日、群馬県の沼田市とみなかみ町を会場に始まった。全国の城に関連した展示などを行う祭典「お城EXPO」が注目される中、東京や京都など県外からも約20人が参加。計135人が真田氏ゆかりの地を巡って散策を楽しんだ。26日は東吾妻町で実施する。

 18日は、沼田城跡の沼田公園から名胡桃城址じょうし、小川城址を経て矢瀬親水公園までの「沼田・みなかみコース」(11.4キロ)を実施した。参加者は、ツツジの花が咲き誇る沼田公園を散策し、沼田城跡にある石垣に触れるなどしながら、NHK大河ドラマ「真田丸」で描かれた歴史の舞台に思いをはせた。

 初めて参加したという東京都の会社員、小山内豪さん(42)は「真田丸を見ていて関心があった」と満足そう。前橋市の星野幸一さん(81)は「真田氏が好きで、ほぼ毎年参加している。上り坂がきつかったね」と話していた。

 同ウオーキングは、日本城郭協会(東京)の続日本100名城に選ばれた沼田城、名胡桃城、岩櫃城などを巡る。

 26日は、東吾妻町の岩櫃城址などを回る「一般・城跡コース」と「登山コース」を予定している。

 イベントを巡っては、漫画家の山田果苗さんの漫画「東京城址女子高生」(KADOKAWA刊)が、各地の見どころを公式ツイッターで紹介。盛り上げに一役買っている。

 イベントの問い合わせは上毛新聞社営業局「上州真田三名城ウオーキング係」(電話027-254-9945)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事