緊急時の対応 体験して学ぶ 看護の日イベント 太田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 イムス太田中央総合病院(群馬県太田市東今泉町、福島弘樹院長)は25日、同市のイオンモール太田で看護の日(5月12日)にちなんだイベントを開いた。家族連れら253人が訪れ、健康チェックや体操、相談コーナーを通して自分の体の状態を確かめたり、緊急時の対応を教わった。

 自動体外式除細動器(AED)と心臓マッサージの施し方を学ぶコーナーでは、肘を伸ばして力を込め、1分間に100回程度の速さで胸部を押すよう学んだ=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事