新緑の吾妻を自転車で疾走 イタリア発祥の「エロイカ」開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
開会式で気勢を上げる参加者

 イタリア発祥の自転車大会「Eroica(エロイカ) Japan2019」(国際自転車交流協会主催)が2日、群馬県中之条町の四万温泉を発着点に開かれた。国内外の約350人がクラシックな装いで、新緑や温泉街の景色を楽しみながら吾妻路を疾走した。

 大会は7回目。群馬県内での開催は草津町を発着点とした昨年に続き2回目となる。イタリア・トスカーナ州で始まった大会がルーツ。自らのペースで未舗装路が組み込まれたコースを走った。中之条、草津、嬬恋、長野原の各町村を巡るロング(151キロ)のほか、ミドル(91キロ)、ショート(40キロ)で実施。台湾やアメリカ、イギリス、オーストラリア、シンガポールなど海外の約50人も参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事