天皇陛下の即位記念しシダレザクラ植樹 高崎・群馬の森で知事ら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 天皇陛下の即位を記念したシダレザクラの植樹(群馬県など主催)が8日、高崎市の群馬の森で行われた。大沢正明知事や地元小学生らが苗木を植え、新時代の平和を願った=写真

 大沢知事をはじめ、狩野浩志県議会議長や高崎岩鼻小の緑の少年団6人が参加。関係者や来園者が見守る中、シャベルで丁寧に土をかけた。

 天皇陛下は皇太子時代に国民体育大会などで本県を訪れており、県民と交流された。大沢知事は「県民を代表してお祝い申し上げる。緑あふれる郷土であり続けられるよう緑を育て、次世代に引き継いでいきたい」とあいさつした。

 緑の募金協力者にブルーベリーやロウバイなどの苗木計300本を配布した。

 県や県緑化推進委員会、同市、関東森林管理局が主催した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事