弥平旧宅・世界遺産登録5年 県境超え養蚕の歴史 16日に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 田島弥平旧宅(群馬県伊勢崎市境島村)の世界遺産登録5周年記念フェスタが16日、同旧宅周辺で開かれる。芸能発表や座繰り体験、養蚕業で栄えた時代の島村の写真展などを通じて5周年を祝うとともに、地域の歴史や文化を知ってもらう。

 旧境島小体育館で開かれる式典は五十嵐清隆市長のほか、埼玉県深谷、本庄の両市長が出席。3市のゆるキャラも集結し、県を超えてイベントを盛り上げる。伊勢崎清明高書道部による書道パフォーマンスも初めて行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事