食べておいしい見て楽しい 16日は和菓子の日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 全国和菓子協会が定めた「和菓子の日」(16日)を前に、高崎市赤坂町の老舗和菓子店「鉢の木七冨久」が金魚鉢を模したウメ果汁のゼリーなど、清涼感あふれる商品を用意している=写真

 同店では同日、和菓子を購入した人に水まんじゅうを一つプレゼントする。3代目店主の石川久行さん(65)は「見て楽しんで、食べておいしさを感じてほしい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事