空き店舗改修へDIYで壁塗り 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 空き家の解消を目指す群馬県桐生市の市民団体「かんのんまちづくりの会」(登丸貴之会長)は15日、市中心市街地の空き店舗を手作りで改修する「DIYワークショップ」を行った。8回目の開催で会員ら7人が壁塗り作業を実施した=写真

 改修しているのは木造2階建ての元薬局兼住居で、長く空き家となっていた。会員で1級建築士の根岸陽さん(34)らが中心となって一般参加者を募りながら作業。横浜市の会社員、山口有希さん(34)は「自分たちの手でリノベーションするのは楽しい。また機会があれば参加します」と笑顔だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事