カイコの卵をクヌギの葉に 桐生・おおぞら幼保園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 昆虫の生態を学ぼうと、群馬県桐生市の認定こども園「おおぞら幼保園」の園児23人は18日、同園で野生種のカイコ「天蚕」の卵をクヌギの若葉に付ける「山付け」を体験した=写真

 ガムテープに卵を付着させ、枝に巻き付けた。クヌギの葉は、卵からふ化した天蚕の餌となる。金子ひなたちゃん(5)は「卵を付けるのが楽しかった」と笑顔を見せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事