壁一面 幅74メートルの絵 太田市美術館・図書館「佐藤直樹展」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 横幅が70メートル以上になる絵画の展示が29日、群馬県の太田市美術館・図書館で始まった。東京都出身のデザイナー、佐藤直樹さん(57)がベニヤ板に木炭で植物などを描き、2階と3階の展示室に分けて紹介。訪れた人は迫力に圧倒されている=写真

 大きさは縦1.82メートル、横74.11メートルで、タイトルは「その後の『そこで生えている。』」。本作をはじめ、佐藤さんが手掛けた雑誌や書籍のデザイン作品も並ぶ企画展「本と美術の展覧会vol.3 佐藤直樹展 紙面・壁画・循環」は10月20日まで。月曜休館(祝日の場合は火曜)。一般500円。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事