「ぷよぷよeスポーツ」 群馬代表に前橋の真下さん 茨城国体へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
決勝戦で熱い戦いをみせる真下さん(左)

 日本eスポーツ連合などが主催するパズルゲーム「ぷよぷよeスポーツ」全国都道府県対抗選手権(一般の部)の群馬県代表決定戦が7日、高崎市のイオンモール高崎で開かれ、前橋市の飲食業、真下広志さん(32)が優勝した。真下さんは10月の茨城国体で文化プログラムとして初めて開催される全国大会に県代表として出場する。

 県内在住か在勤在学の10~40代54人が出場した。予選を勝ち抜いた16人が決勝トーナメントに進み、画面上で激しい攻防を繰り広げた。フルセットにもつれこんだ決勝戦を真下さんが制すると、会場から歓声と拍手が起こった。

 ぷよぷよ歴20年でプロを目指す真下さんは6月に上毛新聞社で開かれた大会で4位だった悔しさをバネに挑んだ。「国体で強いプレーヤーと対戦できるのが楽しみ。eスポーツの盛り上がりに貢献できるよう県代表として勝ち上がりたい」と意気込んだ。

 県eスポーツ連合などが協力した。小学生の部関東ブロック大会は8月に開かれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事