壁一面にだるまがずらーり 高崎市美術館で13日から「three」展
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
壁一面に並ぶ作品「四七四六目」

 福島県出身の3人によるアートユニット「three」の作品展「3は魔法の数字」が13日、群馬県の高崎市美術館で始まる。開催に向け会場では、立体作品など26点の展示が急ピッチで進められている。

 壁一面にだるまが埋め込まれたユニークな「四七四六目」は、来場者が願いを込めて目を入れる参加型の作品=写真。会期終了後には「おたき上げ」も予定している。

 子どもが楽しめるワークショップなども開催予定(予約先着順)。同館主催で、9月1日まで。問い合わせは同館(電話027-324-6125)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事