ビエンナーレ飾るあんどん 吾妻中央高生、デザイン考える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 8~9月に開催する現代アートの祭典「中之条ビエンナーレ2019」に合わせて、街中に設置するあんどんのデザインを制作するワークショップが16日、群馬県中之条町の吾妻中央高で行われた。同高環境工学科の3年生39人が、折り紙を使った新しいデザインを考えた=写真

 生徒は、丸、三角、四角に切った折り紙を組み合わせた。制作途中に生徒同士で作品を交換し、他人のアイデアを踏まえて作品を仕上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事