小学生児童が英語の楽しさ味わう 高崎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 英語の楽しさを味わってもらおうと、「イングリッシュフェスタ in Takasaki」(高崎市教委主催)が20日、高崎市中央公民館で開かれた。

 市内の小学5、6年生138人が参加し、外国語指導助手(ALT)が英語でのコミュニケーションのこつを伝えた。児童はALTのブースをスタンプラリー形式で回り、カードゲームなどで基本的なフレーズを発声した=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事