ちびっ子農業体験学習 渋川
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県渋川市のJA赤城たちばな(萩原一夫組合長)の「ちびっ子農業体験学習」が22日、同市赤城町の畑などで開かれた。赤城、北橘両地区の児童50人が春に植えた野菜を収穫した=写真

 子どもたちは班ごとにジャガイモを掘り出したりニンジンを引き抜いたりした。土の中から次々にジャガイモを見つけると「あった」「やった、大きい」などと声を上げた。渋川三原田小4年の長岡朝日君(10)は「大きいのを採れてうれしい。お母さんが喜ぶと思う」と笑顔で話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事