沼田まつりへ 天狗面が下山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県沼田市の中心市街地で開かれる沼田まつり(3~5日)に向けて、同市の迦葉山弥勒寺に保管されている天狗てんぐ面が1日、市役所近くの駐車場に運ばれた。面はみこしに組み立てられ、3、5の両日夜に祭り会場を練り歩く。

 みこし渡御の安全を祈願した後、関係者が全長約4メートル、鼻の長さ2メートルの面を慎重に持ち上げて石段から下ろし=写真、トラックで運んだ。市内の天狗プラザに保管されている面も駐車場へ移された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事