伝統の竿燈バランス良く 伊勢崎・赤堀で夏まつり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県伊勢崎市赤堀地区の夏の風物詩「第33回赤堀夏まつり」が16日、同市西久保町の赤堀コミュニティひろばで開かれた。山車の競演や竿燈かんとうの伝統技=写真、八木節などが披露され、多くの市民でにぎわった。

 18行政区の山車が勢ぞろいし、おはやしを披露。秋田市竿燈会の会員がバランスを取りながら、46個のちょうちんを付けた竿燈を手や肩に載せると、多くの人がカメラを向けた。子ども会などによる八木節も披露され、会場は熱気に包まれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事