新時代を祝い闇に浮かぶ「令」の文字 富岡・大島火まつり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 約1300年の伝統があるとされ、群馬県の富岡市重要民俗文化財に指定されている同市大島地区の「大島火まつり」が16日、同地区の城山北面の中腹で行われた。新時代の幕開けを祝い、火文字で「令」が浮かび上がると、見守った住民らが歓声を上げた=写真

 住民の願いや世相を反映する火文字は、当日山に集まった住民有志がその場で決めるという。たいまつを手にした有志22人が火をともした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事