「地元産」でフルコース 主婦ら招き試食会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デザートを盛り付ける生徒

 東日本調理師専門学校(高瀬敏史校長)は14日、高崎市の同校で地元の農産物を使った西洋料理の試食会を開いた。調理高度テクニカル学科2年生が腕を振るった前菜からデザートまでのフルコースを、公募で集まった20人が堪能した。

 地元産の良さを広めて多くの人に消費してもらおうと、料理には市内で採れたブロッコリーやタマネギ、牛乳などを使った。生徒は素早く、丁寧な手さばきで一品ずつ仕上げていった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事